フリーローン金利比較一覧【フリーローンおすすめランキング】

フリーローン金利比較一覧

フリーローンとはお金の使う目的が自由なローンのことです。
反対に教育ローンや住宅ローン、自動車ローンなど資金の使用目的が決まっているローンを目的ローンと呼びます。
一般的に目的ローンのほうが金利が低かったり返済期間を長く設定できるなど条件が有利なことが多いようです。
フリーローンは目的ローンに比べ金利が高かったりとデメリットもありますが、反面、目的ローンよりも融資実行まで時間が短いというメリットがあります。
また担保不要で年会費なども不要ですので、一度審査を通過しておけば利用したい時にパッと利用できコストもかかりません。
最近では年率5%台といった超低金利の商品も登場していますので、計画的に賢く活用してください。


フリーローン選びのポイント

フリーローンを選ぶ上で大切なのは、ズバリ、金利と条件です。

条件とは、利用限度額や仕事内容(パートやアルバイトでもOKかどうか)、収入状況、借り入れや返済の便利さ等です。
各金融機関のホームページに貸し出しで想定している仕事内容や収入の条件が記載されていますので、まず確認してください。
あと大切なのは借り入れや返済が簡単にできるかどうかです。
自分の普段の生活圏内で借り入れや返済が簡単にできるところをおすすめします。
特に返済が面倒だとうっかり返済日を過ぎてしまいということもありえますので、気をつけましょう。

金利は誰がどう考えても安いほうが良いに決まってます。
多くの金融機関では金利は借り入れする金額によって幅があります。
よく金利〇〇%~△△%というふうに記載されていますが、多くの場合、借入額が大きいほど低い金利が適用され、借入額が少ないと高い方の金利が適用されます。
ざっくりと分けると借り入れ金額が100万円未満の場合は表示されている最も高い方の金利が適用されることが多いです。
ですから金利を見るときは低い方の金利だけでなく高い方の金利もチェックしておいて下さい。
借入額が大きい場合(最近では限度額500万円以上といった商品も多々あります)、できることならフリーローンではなくて目的別ローンを利用しましょう。
目的別ローンはマイカーローンや教育ローンなど、資金の利用用途が限定されますがフリーローンに比べて金利が低い場合が多いです。

フリーローンの気になる審査内容は?

生活費や旅行費用が足りなくなった時や欲しい物を見つけてしまった時等、色々な場面で利用する事が出来るのがフリーロ-ンの魅力です。

フリーとは自由に利用できるという意味であり、個人としての消費の場合は制限される事はありません。

フリーローンの審査も個人としての返済能力が対象となります。

審査は消費者金融系の保証会社が代わりに行うという形式であり、信用情報機関への照会が中心です。

信用情報機関には各金融会社の利用履歴が記録されているので、申し込み者の経済状況についてのおおよその判定を行う事が出来ます。

これらで得た情報を基にして、利用できる金額が算出される事になります。審査に落ちるという事は、利用できる金額がないと判断されたという事です。

信用情報機関への照会が中心であり、短時間で結果が判明します。申し込み者の経済状態について詳細な部分まで調査される事がないという事です。

このために、融資を行う側にはリスクも生じる事になり、元本を早く回収する事を目的として金利は高く設定されます。

返済能力と共に重視されるのが、過去の利用実績です。過去に事故を起こしてしまった場合には、信用情報機関に記録されています。

記録されている状態の事はブラックリストに載っていると表現されます。ブラックリストに載っている間は、新規借入は出来ません。
フリーローンおすすめランキング一覧


総量規制対象外の銀行フリーローン

銀行系のフリーローンは、安心して利用できると評判です。

金利が低いことが特徴ですので、初めてフリーローンをする方でも安心なんですね。金利が低いということは、大きな金額を借りても、金利によって大きく増える心配がありません。

なるべく低金利でフリーローンをしたいなら、やはり銀行系ですね。消費者金融系の会社でお金を借りることに抵抗がある方でも、銀行系の会社だったら抵抗なく利用できるというケースも多いです。

銀行系のフリーローンは、金利が低いだけでなく、限度額が大きめに設定されているのもメリットです。

結婚や進学などで大きな金額が必要になった場合、できるだけ限度額が大きいところで借りたほうがいいのです。まとめて借りることができれば、複数の金融機関でフリーローンする時にくらべて、返済がラクになるからです。

ただし、金利が低く限度額が大きいだけあって、銀行系のフリーローンは審査も厳しめになっています。とはいえ、仕事を持っていて初めてフリーローンをするなら、ほとんど審査に通ることでしょう。また、すでに銀行に口座を開設していれば、審査はかなりスムーズです。

フリーローンに関する法律は改正されてから、総量規制という言葉をよく耳にするようになりました。

総量規制は、限度を超えたフリーローンをしないために作られた法律です。しかし、銀行系のフリーローンは総量規制の対象外となっています。ですから、総量規制を気にすることなく申し込みができるのです。


フリーローンを借り換えるメリット

フリーローンを借り換えるメリットとしてはまず、支払う利息の金額を減らして総返済額を減らすことができるという点が挙げられます。
特に高い金利で少額を借りているという場合には、低い金利の高額融資にまとめることによって、支払う利息の額を減らすということができます。
そのためフリーローンの借り換えを行う際には、できるだけ金利の低い会社を利用するということがポイントとなります。

また、フリーローンの借り換えでは、ひとつにまとめた場合のローンの金額が大きくなればなるほど、メリットも高くなるということになります。
たとえば3社から40万円ずつ、合計120万円のローンをまとめることと、4社から50万円ずつ、合計200万円のローンをまとめることとでは、200万円のローンをまとめる方がメリットは高いということになります。
利率は融資額が高くなるほどに低くなるという性質があるため、合計の融資額が高額になればなるほど、利息の支払額を減らすことができるということになるのです。

そのほかにフリーローンを借り換えることによって、月々の返済日を1回にまとめることができます。
また、信用力を維持することもできます。複数のフリーローンを組んでいると、会社によって返済日も違っているために手間もかかることになりますが、フリーローンをまとめることによって返済日を月1回にすることができます。
複数のフリーローンを組んでいるとそれだけ信用力が下がってしまうことになりますが、まとめることによって信用力も維持することができます。

フリーローンの返済方法

フリーローンの返済方法については、しっかりとチェックしておきましょう。

というのは、フリーローンの返済方法にはいろいろなものがあり、金融会社によっても違うからです。さらに、ほとんどの金融会社では複数の返済方法があるものです。

どんなフリーローン返済方法が自分にとってぴったりなのか、借りる前に検討しておくといいですね。そうすれば、実際に返済する段階になってあわてることもありません。

もっとも手軽なフリーローンの返済方法は、ATMでしょう。

金融会社独自のATMが近くにあれば一番ですが、提携ATMを使うこともできます。近くのコンビニに提携ATMがあれば、返済も手軽にできますね。

フリーローン返済当日になって気がついた時にも、ATMだったら無理なくすぐに返済することができます。ただし、あらかじめフリーローン返済額を準備しておくことをお忘れなく。

フリーローン返済日の管理が面倒な場合は、返済方法として銀行引き落しを選ぶといいですね。指定しておいた口座から自動的に引き落とされるので、一番手間がかからないからです。忘れっぽい方には、特におすすめの返済方法となります。

お給料日のすぐ後に引き落し日を指定しておけば、フリーローン返済日に残高が足りないということもありません。専業主婦の場合は、ご主人の給与入金口座をフリーローン返済に充てておくと便利です。
家計の管理もしやすくなりますので、計画的な返済ができますね。