アコム審査落ちないポイント!金利比較と無利息活用法 - フリーローンおすすめランキング

アコム審査落ちないポイント!金利比較と無利息活用法

アコムは有名な消費者金融会社の1つです。テレビCMやネット広告などでよく目にすると思います。

今回はそのアコムを利用したいけど、審査が心配、という方の手助けになるよう徹底解説していきます!

アコム審査のチェック項目は?

信用情報をチェックされているイメージ

審査に通るかどうかはもちろん気になりますよね。一体どんなところを見られているのでしょうか?

ここでは落ちやすい人の特徴を例に挙げてみて審査とはどこを見ているのか解説します。

ローンやクレジットの返済の延滞、金融事故の記録

カードローンなどのローンを組む際やクレジットカードの利用履歴は必ず信用情報というものをチェックされます。

信用情報とは、

「この人はお金を借りたらちゃんと返してくれているかな?」、「クレジットの支払いや携帯電話料金なども延滞したりしていないかな?」

といったお金に関してその人が過去に延滞事故を起こしていないかの記録のことです。

これはアコムだけでなく必要な場合、他の金融機関も見ることができます。

長期の延滞、債務整理、強制解約など信用が落ちるようなことを過去に起こしていると、審査に落ちる可能性はかなり高くなります。

延滞や強制解約の記録は最長で5年間、自己破産や個人再生の記録は最長10年間、信用情報機関から消えません。

また、金融機関が保持している事故情報は半永久的に残ると言われています。

ということは5年以上経っていても、

過去にアコムで事故を起こしていると審査落ちする可能性が高いということです。

他社での借入状況

これはアコムからすれば、

「こんなに色々な場所から借りないとマズイ状況なの?=この人ちゃんと返せなさそう」

と思われてしまうわけです。心当たりがあればしっかり数えてみましょう。

嘘の情報を申告した

実際には勤めていないところを申告したり、年収などで嘘をつくのは絶対にダメです。

バレてしまったときには、信用どころではなくなります。正直に申告しましょう。

アコムの申し込み条件

条件外であればまず申し込みができないので、ここで一旦条件を確認しましょう。

アコムの申込み条件は、

「20歳以上69歳以下で尚且つ安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」

実はこれだけなんです。

では何が良くて何がダメなのか?

例を挙げると以下のような事柄です。

申し込み条件

  • 安定収入がある
  • パートやアルバイト、派遣社員でも毎月収入があれば可能
  • 自営業の場合、開業申請や確定申告をしていること
  • 在籍確認が取れること

《利用できない場合》

  • 年齢がそもそも範囲外である
  • 無職など収入がない
  • 収入が年金、生活保護、仕送り、ギャンブルなど本人の仕事ではない
  • 収入が不安定(毎月の収入でない場合は利用できない可能性大)
  • 在籍確認が取れない

一言で言ってもこれだけ条件はあります。申し込む前に自分は大丈夫かどうかはしっかり確認しておきましょう。

自分の置かれている状況がどこに属すのか微妙なラインの方もいらっしゃると思います。

アコムには簡易審査がありますので、不安な方はまずこちらを試してみるのはどうでしょうか?

アコム申し込みの必要書類

必要書類のイメージ

では申し込みの前に必要書類を準備しましょう。

申し込みの際には本人確認のために身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必要です。

収入証明書も必要な場合があります。その状況は下記のような場合です。

・アコム以外を含めた借入総額が100万円を超える場合

・アコムにおいて50万円を超える契約を行う場合

もし当てはまる場合は、

「源泉徴収票、1ヶ月分の給与明細書、地方税の税額決定通知書、課税証明書」

のいずれか最新のものを1つ用意しましょう。

個人事業主の場合は、

「収受日付印のある確定申告書B第1表・2表」

「所得税青色申告決算書(白色申告の場合は収支内訳書)」

「アコム指定の事業計画等の届出書」

が必要になります。

手持ちのものでいいのか自信がない場合は、直接電話して聞くのがベストでしょう。

店舗へ出向いての契約の場合、持って行ったが使えなかった…なんてことになると二度手間です。

できるだけ無駄は省いてをスムーズに済ませましょう。

契約書類の提出とキャッシングまでの流れ

■提出方法はいくつあるの?

契約書類の提出方法は4つあります。店頭、無人契約機、ネット、郵送です。

店頭や無人契約機は、その場で書類のやり取り、

ネットはアコムの案内に従って証明書の提出、電話はFAXで書類のやり取り、郵送で書類を受け取ることも可能です。終わったら後は審査を待ちます。

■契約は無事完了!キャッシングできるようになった

契約後、ネットや提携ATMなどから借入限度額内で自由にキャッシングできます。

思っていた以上に簡単だと思った方も多いのではないでしょうか?

状況に合わせた申し込み方法があるのも大手の強みですね。

注意すべき点は便利だからと行ってATMでの利用手数料などを無駄に発生させないことです。

何度も借りると少ない額でも積み重なれば多額になります。賢く無駄なく使うことを常に心がけましょう。

申し込み方は状況に応じて決めよう!こんな時はどれがいい?

借りる理由は人それぞれかと思います。

ここでは前述の提出方法はどんな状況の時に利用するべきかを、

「〇〇な人はこんな方法を」という形で例をあげてみます。

①必要書類がない!

準備できていることは最低条件ですが、

「役場が明日じゃないと開いてないから書類がない」

なんてこともありえると思います。

その場合はネットや電話で申し込みだけは済ませておき書類準備が出来しだい、

店頭や無人契約機に行くとスムーズに契約することができます。

②お店に行けないけどすぐ借りたい!

お店が近くにあるとは限りません。そんな時はネット申し込みか新規振込サービスをお勧めします。

新規振込サービスは書類のやり取りをFAXで行い、

平日の14時までに手続きさえ終わればその日のうちに口座に振り込んでもらえます。

FAXは自宅になくてもコンビニで送信できます。

③出かけるのがめんどくさい…。借りてるところを見られたくない…。

この場合はネット申し込み一択です。

申し込みだけネットでして、書類をデータでパソコンなどで受け取りそれをFAXや郵送で送ることも可能です。

カード本体は後日郵送になりますが、到着前でも振込キャッシングは可能です。

④とにかく早く借りたい!速攻融資を希望する方はコレ!

「飲み会に誘われたけど財布の中すっからかん…。」

そんな時は本人確認書類を持って店舗窓口か無人契約機へ走りましょう。

契約機を含め全国に2000以上あります。

窓口だと最短で申し込みから30分でキャッシング用カードが作成されます。

以上のように状況に合わせて店頭、無人契約機、電話、ネット、郵送から申し込み方を選びましょう。

アコムってどんなカードローン?

アコムをよく知ろうとしている様子

 

■アコムは5本指のうちに入るぐらいの大手消費者金融

アコムの名前を知らない方は少ないかと思います。大手消費者金融の中でも最大手といえます。

CMもよく見かけますし有名ですので、初めてお金を借りようとしている方の候補にも入りやすいかと思います。

 

■実はある銀行の傘下です

アコムは1978年から営業しています。そして2008年に三菱UFJフィナンシャルグループ(以下UFJ)の子会社になりました。

実はアコムはUFJが大元で成り立っている「銀行系」と呼ばれる消費者金融です。

 

■他の金融機関の保証業務も行っています。

お金を借りる上で各ホームページを見ると保証会社についての欄があります。

そこにアコムの名があることがあります。

つまりどういうことかというと、「貸してくれるのは〇〇銀行だけど審査をするのはアコムですよ」ということです。

アコムで金融事故(未払い・延滞など)を起こしたことがある場合、

その後別の金融機関で借りる場合でもアコムが保証会社だったときは審査に落ちる可能性があります。

 

アコムの金利を比較

 

申し込むとなると気になることはたくさんありますよね。

そこで最も一番気になるのは金利ですよね?

では早速アコムの金利を見てみましょう。

 

《アコムの金利表(2017年1月現在)》

契約限度額

金利

1万円〜99万円

7.7%〜18.0%

100万円〜300万円

7.7%〜15.0%

301万円〜500万円

4.7%〜7.7%

501万円〜800万円

3.0%〜4.7%

 

借入は1万円から800万円まで可能です。しかし限度額は審査次第で一人一人違いますのでご注意を。

その範囲内であれば何回でも繰り返し利用可能です。

 

ではこの金利が高いのか低いのか限度額も踏まえて、

比較の為に大元である三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の金利を見てみましょう。

 

《バンクイックの金利表(2017年1月現在)》

契約限度額

金利(変動金利)

10万円以上100万円以下

年 13.6% ~ 年 14.6%

200万円以下 100万円超

年 10.6% ~ 年 13.6%

300万円以下 200万円超

年 7.6% ~ 年 10.6%

400万円以下 300万円超

年 6.1% ~ 年 7.6%

500万円以下 400万円超

年 1.8% ~ 年 6.1%

 

《金利と限度額の差》

 

アコム

バンクイック

金利

3.0%〜18.0%

1.8%〜14.6%

借入可能額

1万円〜800万円

10万円〜500万円

 

いかがでしょうか?最高金利はそれぞれアコムは18.0%、バンクイックは14.6%となっています。

消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べるとどうしても最高金利は高くなってしまいます。

お金を借りる際は基本的に少額の融資からスタートします。

一般に少額・新規である場合には金利は最も高く設定されるので、アコムならば18%・バンクイックならば14.6%になると考えておくと良いでしょう。

 

しかし、短期間での返済が確実で明確な場合は、

次のような大手ならではのサービスも展開されているので必ずしもアコムが不利というわけではありません。

 

­■初めて利用する人は要チェック!金利が0円に?

アコムでは初めての利用時に限り契約日の翌日から30日間は金利が0円というサービスを展開しています。

利息は金利0円サービス適応期間終了〜利用日数分だけということになります。

つまり30日間の間に完済すれば無利息で借り入れられるというわけです。

 

アコムの返済方法

ATMで返済するイメージ

 

お金を借りたら返済するのは当たり前ですが、

やはり億劫な作業でもあるので出来ることなら負担を減らして毎回返済していきたいですよね?

そこでアコムで返済をする場合の方法をここでは紹介したいと思います。

 

■返済期日はどうやって決まるの?

アコムの返済日は「35日ごと」または「毎月指定期日」のどちらかを選びます。

口座振替の場合は「毎月6日」となっています。

 

①35日ごとの場合…前回返済日翌日から数えて35日目。

②毎月指定日…自分で〇日と決めて返済。

③口座振替…毎月20日締めの翌月6日に自動引き落とし。

ご自身の給料日に合わせてベストなものを選択しましょう。

 

■期日前返済ってできるの?

 

①35日ごとの場合…いつでもOK。期日前に返済した場合、次の返済日は期日前返済翌日から35日後     

             になるだけです。

②毎月指定期日の場合…返済期日より14日前から当日までの間は可能。15日以上前だと前月の返済分とみ  

               なされるため、当月返済したことにならないので要注意です。

③口座振替の場合…基本的には引き落としのみですが、それにプラスしての返済は店頭窓口またはATMでの入金になります。

              (当月返済になる条件は毎月指定日の場合と同じです)

             

■返済日忘れそう…。返済日じゃないと返済できないの?

アコムではうっかり返済日を忘れないように期日前、期日当日、期日後にメールが届くようになっています。

これで忘れる可能性は低くなります。

 

それでも当日払いが不安な方は前もって返済することは可能です。

(随時返済扱いになるか、返済日扱いになるかの日にちは上記参照)

自信がない方は払える状態であれば早めに払うことで精神的負担も減らせますね。

例えば返済日5日前に払えば実質利息が5日分安くなります。

 

■返済方法は何があるの?

さすが大手とあって返済方法は豊富にあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分にあったものを選びましょう。

 

・インターネット…パソコン、スマートフォン、携帯電話から銀行振込可能。

・提携ATM…コンビニATMや提携銀行ATMから借入から返済まで可能。

・店頭窓口(無人契約機含む)またはアコムATM…有人、無人店頭もしくはアコムATMでの返済可能。

返済方法 メリット デメリット
インターネット ・振込手数料無料
・24時間いつでも返済可能
・土日・祝日関係なく返済可能
・家から出ずに返済完了。こっそり使える。
・事前にアコムのネット返済が
可能なネットバンキング契約
をする必要がある
提携ATM ・コンビニなど身近なところで使える
・お金を下ろす作業と変わりなく見えるため
周りを気にしなくて良い
・利用手数料がかかる。
・利用時間や曜日で手数料にも変動がある
・メンテナンスのために利用できない時間が存在する
店頭窓口
アコムATM
・店頭ならば一人で悩まずお店の人に相談しながら利用できる
・アコムATMなら24時間年中無休
・使っていることが周りから見 たら明白なため、利用していることがバレたら困る方は不向き

 

《提携ATM一覧》

都市銀行・コンビニ・スーパーATM

・三菱東京UFJ銀行

・イーネット(アコムのマークがあるところ)

・ゼロバンク(愛知・岐阜のATMのみ)

・三井住友銀行(H29.3.1から利用不可)

・セブン銀行

・ローソンATM

・イオン銀行

地方銀行

・熊本銀行      ・親和銀行

・第三銀行      ・東京スター銀行

・西日本シティ銀行  ・広島銀行

・福岡銀行      ・北海道銀行

・北陸銀行      ・八十二銀行(借入のみ)

その他提携先

・クレディセゾン






同じカテゴリーの最新の記事

  • アコム審査落ちないポイント!金利比較と無利息活用法

    アコム アコムは有名な消費者金融会社の1つです。テレビCMやネット広告などでよく目にすると思います。 今回はそのアコムを利用したいけど、審査が心配、という方の手助けになるよう徹底解説していきます! アコム審査のチェック項目...


  • 三菱東京UFJ銀行バンクイックのテレビ窓口審査早い?

    バンクイック 三菱東京UFJ銀行といえば、4大メガバンクの1つであり、日本で最も利用者数の多い銀行だといわれています。 実際に三菱東京UFJ銀行の中に入ると、2メートルくらいの半透明のパーテーションに囲まれた箇所があるのをご存知でし...


  • アイフル審査を徹底解説!在籍確認の電話はどんな具合に行われる?

    大手消費者金融機関であり、東証一部上場企業でもあるアイフルは、多種多様なカードローン・キャッシング商品の取扱があるため、消費者金融の中でも特に人気の高い会社のうちの一社であると考えられます。 そんなアイフルの代表的な商品であるキャッシ...


  • プロミス審査落ちる注意点!審査通過率42%ってホント?

    プロミス 金融機関からお金を借りるとなると、まず立ちはだかる壁は「審査」ですよね。 これに通れば問題ないのですが、万が一通らなかった場合また違う金融機関を探すことになってしまいます。   今回は「プロミス」の審査基準...


  • 低金利のフリーローン比較一覧

    フリーローンとはお金の使いみち自由なローンのことです。 反対に教育ローンや住宅ローン、自動車ローンなど資金の使用目的が決まっているローンを目的ローンと呼びます。 一般的に目的ローンのほうが金利が低かったり返済期間を長く設定できる...